第68回大会参加料金改定について

 参加者の方には負担をおかけし心苦しいのですが、各種目の参加料を値上げさせていただきました。

 その経緯をここで少しご説明したいと思います。 

 まず、大会の運営費として、参加料、大館市からの補助金や、大会協賛をしていただく企業、商店からの寄付金などでまかなっています。

 値上げの要因といたしまして、ランナー及び通行車両の安全確保のため「コース周辺へ警備員を増員して配置したこと」

 近隣に駐車場が少ないことから、ホームセンターの駐車場から「シャトルバスを運行していること」

また消費税増税も要因の一つでありますが、資金面で大会運営に苦慮していたということが挙げられます。

 警備員の配置につきましては、当日大会運営に協力いただける人材が少なくなったことや、交差点での渋滞箇所が増えてきていて増員しています。

 こうしたことから、ここ数年は表彰者数を減らしたり景品の数減らしたりの経費削減の対応はしておりました。また、コーン等の消耗品の購入も先送りにしてまいりました。

 まもなく70回を迎える大会ですので、事務局担当者も何とか継続開催ができるよう知恵を絞っているところであり、今回の値上げは実行委員会の委員の皆様にご了解いただき苦渋の決断ではありましたが値上げさせていただいた次第です。

 運営側としても今後の大会運営改善に繋げ、より良い大会を作り上げていきたいと考えております。

何卒ご理解いただき、大会にもご参加いただければと思います。 

今後ともどうかよろしくお願いいたします。



山田記念ロードレース大会

第57回ポストンマラソン大会(1953.4.20)において、当時世界記録で優勝した大館市出身で名誉市民である山田敬蔵選手の偉業を称えるとともに国際的なランナー輩出を願って開催される北国秋田に春を呼ぶロードレース大会です。 例年4月29日(昭和の日)に、忠犬ハチ公のふるさと秋田県大館市で開催しています。